「煙草が美味い」とは

果たして、煙草とは如何なる理由で吸っているのか。最近分からない時が多々ある。


ゴールデンウィークにぶち込まれ、無駄に長い9連休がもうすぐ終わるワケだが、日がな一日を居室で過ごして、やることと言えばスマホをいじくり倒すか、テレビを見るか、本を読むか、シコって寝るか、と自堕落な奔放者の休日を貪ったのだった。


しかし、そのどれもに付随するのが、煙草である。

スマホを片手に煙草は吸うし、テレビも本も、シコって煙草も、どれも当たり前のように生活の一部として、煙草を吸っている。
んで、吸っていて、なぜ煙草を今吸わなければならないのか、とふと思った。

「なら、いっそヤメてまえ」と思われるかもしれないが、その思考は皆無で、「吸いたい」と思えば「吸う」のである。


だが、この煙草、実際に「吸って良かった、マジ最高」と思う瞬間が少ない。
せいぜい、日常においては、メシで満腹の時か、寝起きの一服か、長時間の労働後等、なにかに達した瞬間のゴールテープの様な存在として、煙草を吸うときは確かに美味い、というか先述のように、本当にゴールテープの代わりなのかもしれない。
自分なんかは、メシの後に煙草を吸うことで、やっとメシが終わる意味を持つし、「遠足は帰るまでが云々」の言い回しのソレみたいなもんである。



だったら、メシと寝起きと仕事以外で吸うな、となるのか、と言われると、それもならない。
やはり吸う。不味い煙草を、スマホを片手に、テレビを見ながら、シコった後に、吸う。美味くはない。

やはり、これはニコチン中毒なる依存症なのか、と思われるかもしれないが、実のところ、そうではない。あるいは、そうである。


一つ気付いたのは、煙草が美味い瞬間というのは、何かしら満たされた状態で吸う事で、煙草の明確な意味が浮上する傾向にある。
おそらく、これらの研究は学者や世界的な煙草おじさん達が腐る程掘り起こしてると思うので、詳しくはそれ等についての本を見ればいい。

自分の見解は、「煙草が美味くなる」という自意識からくる予感と、「煙草が吸える」という規制からの開放が、煙草を美味くさせている(美味いと無理矢理に思わせている)と思う。
冷静に考えれば、「当たり前のこと言うなハゲ」と言われるかもしれないが、このゴールデンウィークでハゲ上がる程煙草を吸った自分にとっては、今一度考えさせられる煙草との過ごし方でもあった。


あと、一番言いたかったのは、本当に煙草が美味い瞬間は「歯磨きの後」である。


この矛盾と背徳感については、また暫く考えておこう、と思うが、ここまでの話はどうでもよくて、不味い煙草にまた手が伸びるワケである。



以下略。